他人が喜んでくれることをする

ゆめ

夢ときくと、なんだか自分が喜べることが連想されますが、

実はこれはあまり得な方法ではありません。

 

というのは、大きな夢は自分一人では支えきれないからです。

というのは、どういうことかといいますと、

多くの人に支えてもらえる夢の方がいいよ、ということです。

大きな夢をかなえた人は、よくこんなことを言います。

周りの人に感謝、

自分一人だけではできなかった、

ここまで来るには多くの人に助けてもらった、

などという言葉がどんどん出てくるのです。

それって、つまり、夢をみんなで支えているのですよね。

 

では、どうすれば、みんなに自分の夢を支えてもらえるのかというと?

それは他人が喜んでくれることをすればいいのです。

もちろん、他人が心から喜んでくれることを、です。

 

ただ、他人だけが喜んでくれる夢でも苦しくなります。

 

よくあるパターンですが、他人の顔色をうかがって、

夢を叶えても、自分がちっともうれしくない、というのがあります。

これはある意味、時間の無駄、人生の無駄とも言えます。

 

自分がうれしくて、他人もうれしい、

そういうゆめをぜひ、かなえてください。

コメント