感想 探検!東京国立博物館

東京国立博物館に行ったことはあるんですけど、

まずは広すぎるし、見どころが多すぎるので、

すべてをじっくり見ることはかんたんにはできません。

 

そして、そもそも開館してない場所もあって、すべてを見れません。

さらにいえば、職員じゃないと入れない場所もありますし、

人が多すぎて、ゆっくりと見れないところもあります。

 

また、私には専門知識がなくて、わからないこともありますし、

保存修復室、館長室、特別室、屋根裏などの裏方の仕事の部屋は

通常、ほぼ見ることができません。

 

その問題を解決する方法。

それは本を読むことです。

 

普通に東京国立博物館に行ってもできないことが、

本を読めば、あっさり解決されたりするのです。

本の意義って、そういうところにもありますよね。

 

この本はけっこう建築の方に力を入れてる感じですけど、

私としては、土偶や埴輪などの造形物に心惹かれます。

 

そのうち、また東京国立博物館にいって、

土偶や埴輪のお土産を買いたいですね。

これも1つのゆめかな。

コメント