個人的に見てよかった映画の感想まとめ

ビデオ

サマーウォーズ

2009年の映画作品ですが、いいものはいいですね。

色あせずに、また見たくなる映画です、名作です。

細田守監督の初の長編オリジナル作品です。

 

なんというか、心が弾むというか、楽しくなる映画です。

映画の世界観は現実離れしていて、ありえない世界です。

でも、アニメだからこそ、それがいいともいえます。

 

なんというか、コロコロコミック的展開というか、

日本のマンガやアニメの王道をいっている感じがしますね。

日本独自の展開かもしれませんが、見ていると夢中になります。

 

ただし、何度もいうように現実的ではないです。

そこがある意味、日本のメディアの長所でもあり、短所のような。

いや、もっとバリエーションが豊かになればいいのかもしれません。

 

映画の作中にCGを多用しているところが、

昭和のアニメにはなかったところで、きれいでいいですね。

新しい日本のアニメ映画を感じさせます。

 

キャラクターに魅力があるところもいいですね。

それと、花札に興味をもつ原因になる映画かもしれません。

 

DVD版ではテレビ放映版ではなかった部分もありますので、

いろいろとチェックしてみるのもいいかなと思います。

 

この世界の片隅に

created by Rinker
¥2,000 (2018/12/18 17:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

予備知識、事前情報なしで映画を見ました。

毎年、夏になると、戦争映画をみるようにしています。

キンチョーの夏、日本の夏、戦争の夏です。

 

この映画、かなりその当時の空気を描ききってる気がします。

第二次世界大戦中の広島と呉が舞台なのですが、

その当時にいるような感覚さえも受ける力作ですね。

 

主人公のすずさんをのんさんが声優していますが、

あどけない、かわいらしい女性で魅力的ですね。

ぴったりな配役だと思いました。

 

現実は残酷で、厳しいという描写もあって、

社会的メッセージを痛切に感じますね。

見てるだけで、辛いなぁ、と思う場面もありました。

 

物語は、女性目線から描いた第二次世界大戦ですね。

一般人の日常生活から見てみるのも新しい考えが浮かびます。

70年ぐらい前の話ですが、遠い昔ではない気もします。

 

広島といえば、やはりピカドンが来るわけですが、

映画を見てみると、意味のわからない恐怖を感じます。

当時の人は混乱の極みで、意味がわからなかったでしょうね。

 

当時の政府を信じていた人はかわいそうだなぁとも思いました。

といっても、ほぼすべての国民は戦争に加担し、応援しましたが。

今の世の中、平和なだけでもありがたいですね。

 

最後に出てきた孤児が、大きな救いになってるような気がしました。

火垂るの墓とは違い、そこが大きな希望です。

 

アマゾンのレビュー数も多くて、高評価でした。

一度は見ておいたほうがいい作品かもしれません。

 

新規の場面を追加した映画も2019年中に公開予定らしいです。

詳しいことは下記のリンクからどうぞー。

ikutsumono-katasumini.jp

created by Rinker
¥2,000 (2018/12/18 17:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

バッテリー

created by Rinker
角川書店 (映像)
¥3,380 (2018/12/18 17:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

青春時代って、めんどくさいですよね。

自分自身もめんどくさいし、周りの人もめんどくさいです。

 

でも、そのめんどくさい、というのは、

新しい何かに挑戦しているからめんどくさくて、

あるいは、ぐんぐん成長してるからめんどくさいんだな、と。

 

大人になった今では、なんだか懐かしい感じがしますが、

その一方で、あらためて青春時代には戻りたくないな、と。(笑)

 

学生のときは、なんにもなくて。

能力もないし、お金もないし、時間もないし。

ないない尽くしなんですけど、元気と熱意だけはあって。

 

映画のテーマとしては、和解なんでしょうか。

俳優のキャスティングはなかなか光るものを感じました。

菅原文太がいい味を出しているなーと思いました。

 

今見ても、輝きを失わないというか、キラリと光る何かがありました。

あと、才能のある人は、基本的に生意気なので、いろいろと大変ですね。(笑)

created by Rinker
角川書店 (映像)
¥3,380 (2018/12/18 17:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

バケモノの子

created by Rinker
¥300 (2018/12/18 17:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

リアルとファンタジーとCGとアニメを混ぜ込んだ映画ですね。

リアルなファンタジーは、昔のアニメにはありませんでした。

CGを駆使しているところとかは、きれいだな~って思いました。

 

しかし、なにか戸惑うところがあるんですよね。

声優も、リアルな役者をめちゃくちゃ使っているので、

リアルなんですよ、個性的な声の人がたくさん出てきます。

 

その意味で、昔の良きアニメではなくて、新しいアニメを感じます。

ただ、なんだろう、お約束をいくつか踏襲しているので、

安定しているんだけど、なんだか物足りない感じを受けます。

 

予定調和的な物語の進め方なので、新鮮味を感じられないというか。

そこはリアルじゃないんですよね。

 

みんなを喜ばせたいんだけど、

みんなの顔色をうかがっているところで、

なにか、間違ってしまったというか、突き抜けなさを感じてしまいます。

 

個人的には、リアルの人物への設定の扱いが間違ってるような。

そこは現実じゃなくて、理想を描くべきなのではないかなと。

 

理想を描くことで、未来が見えてくるような気がします。

理想というのは、今の現実の延長ではなく、

理想というのは、今の現実からの飛躍です。

 

アマゾンでの評価を見てみると、

けっこう評価が分かれてて、好みがはっきりと出てますね。

厳しい意見もありますが、期待に対する親愛とも見れます。

created by Rinker
¥300 (2018/12/18 17:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

おおかみこどもの雨と雪

なんだろう、アニメの日本昔ばなしのような感じでした。

めでたし、めでたし、で終わる話でもなく、

ちょっと心に引っかかりを残すちょっとリアルな物語ですね。

 

細田守監督が好きなら、見ておいた方がいいかもしれません。

父親、母親、子供、それぞれに独自の視点があります。

どの視点で考えるかで映画の評価も変わってくるでしょうね。

 

個人的には、いろいろな見方、いろいろな考え方、

そういうものが世の中にはあるなと思うのがいいと思います。

絵と音楽はきれいですね。

 

聲の形

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,054 (2018/12/18 17:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

事前情報なしでこの映画を見たのですが、

最初の方がかなり重くて、けっこう辛かったですね。

 

学生時代、青春時代って、不器用で勢いだけあって、

理解や経験や能力などがないから、人と衝突することがしょっちゅうです。

だから、いろいろと思い当たるところもあり、辛いんですよね。

 

でも、これは一度は見ておいたほうがいいかもですねー。

他者への理解、と言うものはそういうふうに見に付けたほうがいいかなと。

この映画の雰囲気は現実世界でもありがちですから。

 

また、現実とは違い、この映画では和解、みたいなところもあり、

最後がよかったなーと締めくくられるところに心の開放がありますね。

 

小学生や中学生の頃に見ておくといいですね。

子供がいる方は親子で見るとどうでしょうか。

 

私は映画から入ったのですが、原作の漫画があります。

映画の2時間の枠内ではなかった描写もあるようです。

気になった方はそちらも読んでみるといいと思います。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,054 (2018/12/18 17:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント