世界を広げるために、本を読んで、旅に出よう。

ゆめ

お金と時間と体力に余裕ができたら、旅に出ましょう。

別に遠くじゃなくて、近くでもいいです。

 

徒歩の旅でも、自転車の旅でも、バスの旅でも、

電車の旅でも、車の旅でも、飛行機の旅でも、

何でもいいと思います。

 

できれば、行ったことのない場所がいいかもしれません。

あなたの世界をきっと広げてくれることと思います。

人生が楽しくなるかもしれません。

 

そのためには、まず本を読んでみることをおすすめします。

本屋さんや図書館に出かけるのもいいですね。

いますぐ行きたい!日本の世界遺産

created by Rinker
¥1,728 (2018/12/19 02:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

こういう本を読むのが好きです。

その場所に行った気になれるし、いろいろと知識も増えますから。

 

実際に、その場所に行くと、お金もかかるし、時間もかかるし、体力も必要です。

それを考えると、本を読んで、旅行した気分になれるのはお得です。

 

いや、実際に行くと、得られるものも多くあるのですけどね。

そもそも私は、いろいろと下調べしてから旅行に行きたい派です。

学生の頃の修学旅行みたいなのが好きなのでしょうか。

 

この本の写真はすごく上手に撮れています。

普通の観光客の目線では見られない視点だったりしますね。

そういうところもまた楽しいです。

 

この本を読んで、行きたくなった場所は、平城宮跡かな。

屋久島も行きたいけど、ここは難易度が高い場所ですね。

created by Rinker
¥1,728 (2018/12/19 02:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

てくてく歩き 屋久島 奄美

created by Rinker
¥1,058 (2018/12/19 02:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

屋久島、行ってみたいですねー。

縄文杉、見てみたいですねー。

今までに行ったことがないのですよ。

 

でも、よくよく考えてみると、

大きな杉を見に、旅行するっていうのもすごいですね。

大きな杉にそこまでの魅力があるのかと考えてしまいます。

 

遠足っていうのは、行く前が楽しいというのがありますが、

写真とかを撮ると、行った後も楽しく感じられますね。

記録と思い出をブログをガシガシ書いておくのもいいと思います。

 

奄美大島は、ハブが怖いですね。

ハブの毒にやられたら、江戸時代だと切断したそうなので、

ちょっとそのショックが大きいです、ひきずってます。

 

喜界島とか、沖永良部島とか、与論島とか、徳之島とか、

そういう行ったことのない場所には憧れますね。

いったい、どんな冒険が待ち受けているのだろう、って気がします。

 

お金と時間と体力に余裕ができたときに行きたいですね、

とかいうと、なかなか実現しそうにないので、

お金と時間と体力の余裕ができるように人生計画したいですね。

 

旅行をすると、新たな世界が見えて、

新たな自分を発見することができるかもしれません。

旅行することで、すこし生まれ変われるかもしれません。

created by Rinker
¥1,058 (2018/12/19 02:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

絶景の世界遺産100 ヨーロッパ編

created by Rinker
¥1,620 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

フルカラーで約300ページのボリューム、大満足です。

これが1500円程度で買えるのは、すごいですね。

 

トラベルプランなどもあり、具体性があって良いです。

移動、宿泊、ツアー情報、モデルルートなど参考になります。

 

世界遺産や国家の歴史も書かれていて、興味深いです。

旅のコラムなどもあって、楽しく読めました。

 

イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなどに行ってみたいですね。

ストーンヘンジ、ベルリンの壁、ベルサイユ宮殿、コロッセオなどです。

 

ただ、ヨーロッパは物価などが高そうな感じがしましたね。

お金をいっぱい持っていかないといけない予感がします。

created by Rinker
¥1,620 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

母といろんなところにいってきました

created by Rinker
¥1,080 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

母と娘がいっしょに旅をするコミックエッセイです。

 

スリルもサスペンスもない旅と、作者が最初に書いているのですが、

とてもいいですね、ほっこりします、心がやすらぎます。

 

旅って、自分探しのためにするものだし、

旅って、新しいことを知りにいくものだし、

旅って、ちょっと贅沢をして、幸せになるものだし、

うーん、旅っていいなぁ、と思いました。

 

それと、なんか、このお母さんの方がかわいいのですよ。

作者の絵が上手い、優れているのもありますが、

発言とか、行動とかが小さい少女を思わせる感じでいいですね。

 

本を読んでいて、自分が旅をした気分になれました。

私もまたどこかに旅に出たいですね。

 

遠くじゃなくても、近くでもいいのですよ、旅は。

created by Rinker
¥1,080 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

青春18きっぷで行こう

created by Rinker
¥972 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

ローカル線でのんびり旅っていいですよね。

 

飛行機や新幹線や高速道路の旅は、

遠いところへは仕方ないのですが、

ワープしている気分で旅情というのはありません。

 

その点で言って、青春18きっぷの旅はいいです。

私も何度も青春の旅にでかけています。

 

青春18きっぷというのは、春休みや夏休みや冬休みあたりに

JRで期間限定に販売される5枚つづりの切符です。

ローカル線ならほぼどこまでも乗ることができます。

 

ただ、2018年の夏は異常に暑かったので、

それと私の生活環境の変化で、青春の旅に出ていません。

 

ということで、青春18きっぷの旅の本を読んでいます。

本っていうのは、プロの文章ですし、

プロの写真ですし、プロの旅です。

素人にはできない良さがありますね。

 

もちろん、素人には素人の良さはありますが。

キレイな風景や写真があったので、この本はオススメです。

美味しそうなグルメの紹介も良かったですね。

 

この本を読めば、 日本全国の素敵な場所を発見できます。

また、青春の旅に出たくなりました。

遠足は行く前がいちばん楽しいかもしれません。(笑)

created by Rinker
¥972 (2018/12/19 02:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

探検!東京国立博物館

created by Rinker
¥1,836 (2018/12/19 02:08:07時点 Amazon調べ-詳細)

東京国立博物館に行ったことはあるんですけど、

まずは広すぎるし、見どころが多すぎるので、

すべてをじっくり見ることはかんたんにはできません。

 

そして、そもそも開館してない場所もあって、すべてを見れません。

さらにいえば、職員じゃないと入れない場所もありますし、

人が多すぎて、ゆっくりと見れないところもあります。

 

また、私には専門知識がなくて、わからないこともありますし、

保存修復室、館長室、特別室、屋根裏などの裏方の仕事の部屋は

通常、ほぼ見ることができません。

 

その問題を解決する方法。

それは本を読むことです。

 

普通に東京国立博物館に行ってもできないことが、

本を読めば、あっさり解決されたりするのです。

本の意義って、そういうところにもありますよね。

 

この本はけっこう建築の方に力を入れてる感じですけど、

私としては、土偶や埴輪などの造形物に心惹かれます。

 

そのうち、また東京国立博物館にいって、

土偶や埴輪のお土産を買いたいですね。

これも1つのゆめかな。

created by Rinker
¥1,836 (2018/12/19 02:08:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

人生リセット留学

created by Rinker
¥1,080 (2018/12/19 02:08:07時点 Amazon調べ-詳細)

イギリスに留学するっていうと、

かっこいいと思ったりすると思うのですが、

そのほのかな夢をぶち壊してくれる良書です。

 

やはり、理想と現実は違いますね。

日本に引きこもっていよう、と思わせてくれました。

生活するなら、日本はいいと思うのですよ。

 

ただ、勉強や仕事をするなら、海外に行くのもいいですね。

なぜなら、自分を鍛えることができるからです、強制的に。

言葉や考え方や、何より行動力がつくのがいいと思います。

 

けっこう難しいテーマを扱ってる気がしますが、

コミカルな絵でわかりやすく説明してくれているので、

敷居がぐっと下がっているような気がします、すばらしいです。

 

自分の居場所、っていうのがテーマにあったのですが、

自分の居場所ってあるものじゃないんですよね。

自分の居場所って作るものだと思います。

 

確かに、子供だったら、親が場所を作ってあげる必要がありますが、

子供だって、自分の居場所は作るべきだと思うのです。

家庭の居場所、学校の居場所、仕事の居場所などです。

 

自分の居場所っていうのは、自分で作るものです。

 

しかし、作者の人、すべてを投げうって、

イギリスに留学したのはすごいです。

 

あと、ミドルライフクライシスっていうのは、

日本で言う中年の危機ですね。

外人もその歳ぐらいになると人生考えるんですね。

created by Rinker
¥1,080 (2018/12/19 02:08:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント