ワークマン(workman)のコスパがすごいという評判を聞いて。

ビジネス

ワークマン(workman)とは

ワークマンとは、群馬県の伊勢崎市に本社を構える

作業服やその関連商品を取り扱う国内最大手の企業です。

 

ワークマン|作業服・作業着・安全靴・レインウエア・レインスーツ・つなぎ・防寒着の専門店
作業服・安全靴のことなら【ワークマン】。全国で800店舗を突破し、小売でダントツのNo.1シェア。商品カタログ、店舗網、企業・IR情報を紹介します。当社の作業用商品カタログは業界標準になっており、読み応えバツグンの90ページ以上。

 

ワークマンは東証JASDAQにも上場しています。

従業員数も2018年9月時点で265名で、

従業員の平均年齢は37.1歳、平均年収は621万円らしいです。

 

最近、私は見ていませんが、ワークマンは吉幾三のCMで有名です、

というか、歌がインパクトにすごく残っていますね。

 

株価検索 | 日本取引所グループ

 

2018年12月20日現在のワークマンの株価は

7540円ですね。100株を754000円+手数料で買えます。

 

(株)ワークマン【7564】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス
(株)ワークマンのリアルタイム株価、チャート、関連銘柄、関連ニュース、決算情報などを掲載。人気の株主優待や掲示板も。投資やマネーの総合情報サイト-Yahoo!ファイナンス

 

2018年の3月決算期でPERが約40、PBRが約5.3 なので、

ちょっとお高めでしょうか、人気の会社ということがわかりますね。

ワークマンの決算期は3月です。

 

最近、テレビ東京のWBSでも取り上げられていました。

なんでもジャンパーが10万着売れたそうです。

ワークマンプラスというジャンパーです。

 

会社の成長も見込まれていると同時に、

ワークマンの商品の良さにみんな、気がついたのかもしれません。

なんか、作業着にしてはおしゃれな感じがするのですよね。

ワークマンの評判やうわさを聞いて

さすがに12月の年末にもなると、寒くなりますよね。

最近、私、足とかが冷えるので、どうも我慢ならないのですよね。

 

とはいえ、足のカイロに頼るのもどうかな~と思っていて、

ノースフェイスの靴を買おうかなーと思っていたのですよ。

 

 

ノースフェイスはおすすめのブランドです。

まずは暖かくて、耐久性があります。さらにお手入れもかんたんです。

あと、なんとなくブランドとしてかっこいいですよね。(笑)

 

ただ、問題なのはちょっと値段がするんですよね。

永く愛用すると、お得ではあると思うので、おすすめではあります。

 

で、ネットやツイッターでぶらぶら情報を見ていると、

ワークマンがおすすめっていうのを聞きました。

 

なにやら、ワークマンの利益率がユニクロとも並ぶとか聞いて、

ちょっと興味を持ったんですよね。

 

早速、ワークマンのお店の方に行ってみました。

ワークマンの商品の品質とコスパ

ワークマンのお店の中をぐるぐる見渡してみたんですけど、

やはり、ワークマンということで、男の人向きが多かったですね。

もちろん、女性用もあったんですけど、まだ少数でした。

 

ユニクロは男女ともに、というか、子供用、赤ちゃん用もあって、

対象幅が広くて、そこが強いよなーと再確認しました。

どちらかというと、ユニクロは女性に力を入れていますよね。

 

それでワークマンの店内の商品を眺めてみて、私が買ったのは、

防寒防水の靴と厚手の靴下とお得な軍手の3つです。

このフィールドコア(FieldCore)っていうブランドの

防寒防水シューズ、値段が1900円です。

 

<在庫限り終了>BB582 防寒ブーツ ケベック ☆ 2018年モデル☆| | 作業着・防寒着の通販サイト - ワークマン公式オンラインストア
秋冬 ※オンラインストアの在庫は全て完売いたしました。申し訳ございません。 スリッポンタイプで脱ぎ履きが楽々! 片足約260g

 

見た目暖かそうで、デザインも良いです、さらに安いです。

すごいコストパフォーマンスがいいです、お得です。

 

消費税込みで1900円というところに、

ワークマンの凄まじいコスパを感じます。

1900円でこれを作って、利益が出せるところがすごいです。

 

ノースフェイスで防寒防水シューズを買ったら、

おそらく、かんたんに1万円は超えますね。

 

 

履いてみると、やはり温かいです。すごいです。

ただ、走るとかはちょっと向いてないかなーって気がします。

いや、冬の寒いときや雨のときにに走るなって感じですけど。

 

ついでに、HEAT ASSISTという靴下も買ってみました。

山岳用の靴下は温かいので、ああいうのを探してたんですけど、

これがあたたかそうかなーと思って、この靴下を購入しました。

 

まずまず温かいです。けっこう厚みがあります。

耐久性の面ではどうでしょうか、まだよくわかりません。

1足200円以下なら、まずまずかなと。

 

あと、私のミスなんですけど、靴下の束をくっつける

プラスチックの留めるやつがあるじゃないですか。

あれをぐいっと引っ張ってしまって、靴下に穴が空いてしまいました。

 

私の不注意なんですけど、もうちょっとかんたんな方法で

靴下の束を止めれないかなーとか思ったりしました。

できれば、はさみとかを使わなくてすむ方法がいいですね。

 

ジャンパーも安かったので、買おうかなーと思ったのですが、

全身ワークマンで働く男のアピールが強すぎるかもしれないと思い、

ちょっと保留することにしました。いいなと思ったんですけどね。

 

ただ、本屋さんで雑誌をちらっと見たのですが、

ワークマン、注目されているようですね。

ゴアテックスと比較されてて、おすすめされていました。

 

 

ゴアテックスとかは山登りの時のおすすめブランドですね。

軽くて、暖かくて、水分を放出するので登山者に人気のようです。

結論としてのワークマン

とりあえず、私が買ったのは、靴と靴下なのですが、

約1ヶ月ほど使ってみての感想としては、

安くて、暖かくて、コスパ高くて、おすすめです。

 

1900円の防寒防水の靴は破格の値段だと思います。

6000円ぐらいはしてもいいレベルの気がします。

コストパフォーマンスが激しく高いです。

 

ただし、耐久性があるかどうかはよくわかりません。

1年ぐらい使ってみないとわからないですね。

数年持てば私としてはうれしいのですが。

 

ノースフェイスやゴアテックスはすこし高いですけど、

長年愛用できるので、それはそれで良いと思います。

高いものにはやはりいろいろとその価値はあると思います。

 

ジャンパーやレインコートはけっこうおしゃれでしたね。

あんまり作業着って感じがしなかったです。

10万着売れるのも納得の出来栄えだと思います。

 

ビジネスって、品質を上げるか、費用を安くするかで

基本的に成功するかどうかが決まると思います。

 

つまり、コストパフォーマンス、コスパですね。

その点で言って、ワークマンは素晴らしいです。

 

ということで、ワークマンのサイトとかを見てみて、

気になった人はぜひお店に足を運んでみてくださいー。

 

ワークマンは全国各地800店舗以上あるそうなので、

きっとあなたの家の近くにもあるのではないでしょうか。

 

追記


防寒、防水の靴の方も良好ですよー。

また、ワークマンのお店に行ってみようかな。

コメント