信長の野望 革新 無印 PS2版の龍虎相撃つの長宗我部氏で遊んでみる

ゲーム

長宗我部元親の野望

難易度上級はだるいです、何がだるいのかといえば、コンピューターの偽計です。知略の低い武将ならば、満足に攻めることができず、戦場をおろおろとすることになります。偽計のせいで、上杉謙信と武田信玄が戦ったら、武田信玄が勝つのだと思います。そのくらい、このゲーム、知略が大事です。史実は互角だったのに、光栄の武田びいきを感じます。

長宗我部元親の野望

長宗我部氏は足軽が得意なので、足軽研究所を12個立てて、足軽研究完了したら、左回りで四国を統一します。足軽特性Sを持ってるし、統率力も90以上あるので、まぁ、楽勝です。四国は長宗我部よりも強い武将がいないので、四国統一も推し進めやすいですね。しかし、史実はなかなか実現できませんでしたね。

長宗我部元親の野望

はい、四国統一です。四国統一の次は九州統一ですね。東日本で武田と北条が同盟を組んで、大暴れしています。武田と北条に勝つためには、鉄砲と船ですね。というわけで、島津の力と大友の力が必要です。史実とは違い、上杉氏が武田氏にいつものようにやられています。

長宗我部元親の野望

島津を攻めていたら、長宗我部家に包囲網が敷かれてしまいました。7カ国ぐらいに囲まれています。まぁ、仕方ないですね。港さえ守れば、なんとかなるので、がんばります。もし、港で勝てないようなら、一旦、港を放棄し、兵力は城にひいて、その後、足軽で港を強襲します。勝てない戦いはしないのですよ。兵は引いて、兵力温存です。

長宗我部元親の野望

島津を吸収合併して、二度目の長宗我部への包囲網。織田家ががんばってますね。二回目はさほど苦ではなかったです。島津の武将でどんどん鉄砲を研究していきます。すると、港・海戦ではほぼ負けない感じになります。ただ、この時点で、織田家がAまで鉄砲研究してるし、武田家がSまで騎馬を研究していました。

長宗我部元親の野望

はい、九州も統一です。何気に毛利家も赤松家もがんばっています。ただ、毛利家の城の数は3だし、赤松家の城の数も3です。長宗我部家の城の数は15です。だから、このあたりから圧倒的なスピードで占領政策が進んでいきます。次は中国地方に進出します。密かに武田が北条を攻めてますね。

長宗我部元親の野望

はい、毛利氏を吸収合併したら、3度目の長宗我部家への包囲網です。しかし、ぜんぜん大丈夫です。むしろ、包囲網同士の国が争わなくなるので、吸収合併しやすくなります。そして、1回はうかつに攻めてきてくれるので、その反撃でどんどん進軍することができます。

長宗我部元親の野望

鉄砲をあらかた研究し終えたら、今度は足軽を研究していきます。すると、長宗我部家の足軽は偽計にかからなくなるようになります。まぁ、足軽以外の鉄砲とかは偽計にかかるので、なんともめんどうなのですが。というわけで、あとは足軽の物量戦で攻めていけば、いい感じですね。

長宗我部元親の野望

あとは作業です。もうね、300万のうち、288万の兵力を長宗我部家がもっているので、降伏勧告を受け入れてくれてもいいんじゃないですかね。京都を占領して、兵力が200万以上になったら、他の大名は降伏勧告を受け入れてくれてもいいと思います。光栄、頼んだぞ。

長宗我部元親の野望

そんなかんじで、北条も武田も降伏勧告を受け入れてくれました。陸上戦は武田も北条も固すぎなので、やってられないです。海上戦で海から港で攻撃しまくるのが時間短縮です。陸の戦いは何でこうなんでしょうね。まぁ、コンピューターは船をあまり研究しませんし。船を研究した場合、陸が弱くなりますし。

長宗我部元親の野望

長宗我部元親は何が似合うかといえば、海賊でしょうか。征夷大将軍や関白はあまり似合わないですね。四国統一程度で満足してはダメなのですよ。貪欲に、九州・中国・近畿とガンガン行かないと、それは敗北につながるのだと、この長宗我部元親の野望で学べました。しかし、織田信長のようにすごいスピードで貪欲にいくのは、なかなか真似できないですね。

コメント