ZOZOTOWNの創業者から総額1億円のお年玉プレゼント企画

ビジネス

ZOZOTOWNの創業者から総額1億円のお年玉


ツイッターって、跳梁跋扈の魔物も住むところでして、

本当か、嘘かを見抜く人じゃないと、つとまらない場所でもあります。

 

人を騙すようなツイート(発言)があったり、

社会的に問題のあるツイートがあったり、

本当か嘘か、実際のところはよくわからないのですよ。

 

ところが、中には一部、珠玉の宝がある場所でもあります。

ある意味、砂金探しみたいな、ゴールドラッシュみたいな、

有益な情報、有益なお宝がある場所でもあります。

 

今回はまさにお宝にあたるこのツイートではないでしょうか。

ZOZOTOWNの創業者であるだけに、真実であると思います。

実際にツイッター社から前澤友作本人の認証も受けていますし。

前澤友作氏のお年玉企画の狙いはなんでしょうか。

とりあえず、私もフォローして、リツイートしてみました。

100万円当たったとしても、何をするかは不明です。

ただ、ブログに当たったよ、と書きたいと思います。(笑)

 

今回のZOZOTOWN創業者の前澤友作氏の狙いはなんでしょうか。

単純に、広告狙い、話題作りなのでしょうか。

1億円をCMに入れるのよりも、ツイッターに入れるほうが、

しかも、直接、一般の人に振りまくほうが、話題性が強いです。

 

前澤友作氏は高額な有名絵画を買ったり、

月に行く、ということを公言したりすることで、

ZOZOTOWNの注目度を高めているのは事実であると思います。

 

今現在、2019年1月6日夜0時30分あたりなのですが、

もう既に応募の数が35万程度になっています。

わずか2時間ほどでこの状況はものすごい拡散力です。

 

応募の締切が2019年1月7日なので、

みなさんもぜひ応募してみてください。

一種の祭りみたいなものです。(笑)

 

確率的になかなか当たらないと思いますが、

宝くじを買うよりは当たりやすいかもしれません。

そして、リスクはおそらくほとんどないですし、

ローリスク・ハイリターンですからね。

ZOZOTOWNとは

ところで、ZOZOTOWNって知っていますか?

ZOZOTOWNというのは、アパレルのオンラインショッピングサイトです。

かんたんにいえば、衣服をインターネットで買えるサイトです。

東証一部に上場している株式会社でもあります。

 

(株)ZOZO【3092】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス
(株)ZOZOのリアルタイム株価、チャート、関連銘柄、関連ニュース、決算情報などを掲載。人気の株主優待や掲示板も。投資やマネーの総合情報サイト-Yahoo!ファイナンス

 

前澤友作氏いわく、数百万円で作った会社が

10万倍に成長して、大金持ちになったそうです。

IT企業によるジャパニーズドリームかもしれません。

 


前澤友作氏はZOZOの36%の株式を持っている筆頭株主です。

配当金だけで、すごい勢いのお金が入ってくるわけですね。

11222万株持ってるらしいので、計算してみてください。(笑)

 

ここ6ヶ月ぐらいは右肩下がりで株価は下がっているのですが、

配当を考えると、まずまずの水準だと思います。

いつかは株価が上昇することも考えられます。

 

2018年12月25日にブラックサンタが現れたので、

ほとんどの日本の株価は打撃を受けているはずですね。

状況を見極めて、勝負するのもいいかもしれません。

 

ただし、信用買い、信用売りはリスクが大きいので、

熟練者・良い環境がある人でないと、おすすめできないです。

現物で買っておくのが、リスクに耐える方法の1つですね。

ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏の楽しく働く宣言

代表メッセージ - 株式会社ZOZO
株式会社ZOZO 代表取締役社長 前澤友作からのメッセージです。ZOZOTOWN・WEARなどを運営する株式会社ZOZOの公式ホームページです。会社概要や採用情報、IR、プレスリリースをご紹介します。

 

私が気になるのは、2018年10月1日に

創業者の前澤友作氏が楽しく働く宣言をしていることです。

これが社会で実現できると、とても素晴らしいですね。

 

今現在、主流になってる会社の働かせ方は奴隷経営です。

長時間・有期で働かせて、賃金はできるだけすくなく、

さらに意見・反抗するものに対しては容赦なく雇用を外す。

 

こんな会社に忠誠心を持つ人はいないでしょう。

もしいるのなら、それは洗脳された人だけです。

社会の多くの人が不満に持っていることと思います。

 

そういう不満を希望に変える人が真のリーダーなのです。

そういう人が社会を良い方向に先導していける人なのです。

 

それを総額1億円のお年玉企画で知らしめているのは、

ちょっとすごいような気がします、ZOZO・前澤友作氏に注目ですね。

もちろん、人は完璧ではないので、時に批判の矛先が向くかもしれません。

 

しかし、社会に対する良い影響を多大に与えるなら、

そんなものは軽微なもので、さほど気にしなくてもいいと思います。

英雄色を好む、という言葉もありますからね。(笑)

ZOZOのお年玉当選が決まってからの感想・追記


2019年1月31日、ZOZOが業績を下方修正しましたね。それによりZOZOの株価が終値は前日比103円安の2090円、一時は1971円まで急落したそうです。

 

ZOZOの創業者がまずは目立たなくてはいけない、と言ってたのは、ある種の宣伝活動は必要とのことでしょうね。その意味で、賢い人の感じがしますね。批判覚悟で行動はする必要があるということでしょう。

 

行動すれば、肯定的な人と否定的な人と静観の人と分かれるでしょう。行動すれば、批判はつきものなのですよ。何もしなくても批判されたりもしますので、自分の信じることをするのがいいですね。

 

お年玉100万円ではなくて、あなたが10億円を手に入れたとしたら何をしますか。
100万を手に入れたら何をしますか? この前にZOZO創業者の人が100人に100万円のお年玉が当たるキャンペーンをやってましたよね。 ところで、みなさん、100万円がもらえたら、何に使いますか?あるいは、貯金しますか?楽し...

 

こちらの記事も合わせてどうぞ読んでみてください。

コメント