第31期竜王戦の第4局がどうしてこうなった状態でわからない

ブログ

竜王戦とは

竜王戦って知っていますか?

読売新聞社が主催している将棋の棋戦です。

 

優勝すると、高額な優勝賞金をもらえます。

現在では、4320万円とのことです。

 

今現在、羽生善治竜王位と広瀬章人八段が

第31期竜王戦で7番勝負で戦っています。

第3局までは羽生2勝、広瀬1勝の状態でした。

第31期竜王戦の第4局の棋譜

TOPページ|竜王戦中継
日本将棋連盟/第31期竜王戦中継公式サイト

第31期竜王戦の第4局の棋譜を見てたのですが、

40手目ぐらいまではわかる、なるほど、角換わりですね。

 

でも、59手目ぐらいの途中からすごい形になって、

なんだろう、この素人のような将棋の形は・・・となって、

さっぱり理解できない形になりました。

 

最高の高段者になると、素人みたいな形になって、

自由に駒が遊んでいるような気もします。

結果、どうなるかさっぱりわからない状態です。

 

羽生善治竜王、なにかどこかで遊んでる気がするんですよね。

実験しているというか、勝負にこだわらないというか。

ある意味、高段者相手に将棋を遊んでいるかのようです。

 

いやいや、7冠制覇していた人なのに、

さらにいえば、現在、竜王位だけしかもっていないはずなのに、

なんだろう、この雲がたゆたうような態度はすごいなと。

 

永世7冠だからこそ、出るオーラなのかなと。

正直、ビビりますね、意味が全くわからないです。

ちなみに、私はただの将棋好きであって、有段者ではないです。

 

いや、わざと遊んで、最終局までいって盛り上げるつもりでしょうか。

まるでゲーマーのウメハラのような遊びプレイかもしれません。

試合の中に練習を潜ませているのかもしれません。

将棋のガチ対決は面白い

しかし、ガチ対決は面白いですね。

しかも、格闘技と違って、肉体を怪我しないのがいいです。

ただし、精神的にやられて再起不能(リタイア)の場合もありますが。

 

勝敗の行方はここでは伏せておきますので、

できれば、棋譜を見てみてくださいー。

 

TOPページ|竜王戦中継
日本将棋連盟/第31期竜王戦中継公式サイト

 

次回の竜王戦は12月4日、5日の石川県の加賀屋ですね。

加賀屋って高級旅館で有名なところの気がしますね。

観戦記も楽しみですね、わくわく期待しています。

 

それと、棋士が訪れた場所を探訪するのも楽しいですよ。

私もいろいろと調べて、でかけてみたいと思います。

 

福知山には行ったことあるんですけど、

福知山城はなかったので、興味津々です。

ある意味、なんか桃鉄を思い出します。

 

コメント