youtubeのディスカバリーチャンネルのザ・無人島生活のエド・スタフォードが凄まじい

ビデオ

youtubeのディスカバリーチャンネルのザ・無人島生活

【60日サバイバル】ザ・無人島生活 | 火おこし (ディスカバリーチャンネル)

ツイッターで情報収集をぶらぶらしていると、

ユーチューブのディスカバリーチャンネルに

無人島を扱った動画があるのを発見しました。

 

私、無人島のネタや番組、好きなのですよ。

よゐこの無人島生活も時間があれば、欠かさず見ています。

とったどー!というのは濱口の名言ですね。

 

ただ、ディスカバリーチャンネルのこの無人島生活はシビアです。

まずは、単独一人だけで無人島に潜入です。

しかも、食料、水、道具、さらに、服さえなしの状態からスタートです。

 

これを見ると、日本のTV番組のぬるさが際立ちます。

日本のTV番組はバラエティにしかなってないという状態。

娯楽ばかりを追求している日本のテレビは微妙かもしれません。

 

一話目のエドの最後の嬉しそうな姿はなんともいえません。

野性味にあふれていて、人間の本能を取り戻しています。

なんか、純粋に喜びがあるんですよね、そこには。

元イギリス陸軍大尉のエド・スタフォード

【60日サバイバル】ザ・無人島生活 | シェルター作り (ディスカバリーチャンネル)

主人公は、元イギリス陸軍大尉のエド・スタフォードという人です。

軍人経験があるので、頑強だし、サバイバル経験もあるだろうから、

だいじょうぶかなーと思ってたのですが、そうでもないようです。

 

なぜなら、軍人だと、武器や服や食料を携帯しているはずだし、

軍人は仲間やチームで行動しているはずなのです。

道具がない、仲間がいない、というのはハードモードです。

 

しかし、これ、やばいですね。

ヤシの実から水分と栄養を取るのはいいのですが、

その先がちょっとアレな感じがあるので、見る人を選びますね。

 

サバイバルとかが好きな人は見てみるといいですが、

合わなかった場合は、ちょっと無理なので、視聴をやめたほうがいいです。

良い子のみんなは決して真似しないでね、という極限状態です。

 

でも、なにもない、原始人の状態で60日間持つのか、

みたいな極限のサバイバル状態をハラハラみることができます。

案の定、エドはアレな状態になったりするわけですが。

 

まずは水を確保するのが大変ですね。

水がないと、人間、3日しか生き延びることができません。

いかに、現代の日本の生活が恵まれているかを感じてしまいます。

 

その次は、どうしても人間の満足な生活をするためには

道具を作る必要があるなーと思うわけです。

道具を作ることで、人間は進化してきたともいえますからね。

 

そして、火、ファイアーの存在です。

火がないと、身体は寒いし、食べ物の調理もできません

さらにいえば、野生動物から身を守る必要もありますよね。

日常にあるものに感謝

【60日サバイバル】ザ・無人島生活 | 巨大ヤドカリ (ディスカバリーチャンネル)

海岸に流れ着いているアイテムとか、

山の中にあったアイテムとかを使っているので、

リアル原始人よりはましな状態だなーとも思えました。

 

最終手段として、メディカルキットや連絡手段もありましたし。

しかし、病気や飢えや水分不足の恐ろしさはなんともいえません。

何もしないと、恐怖がひたひたと迫ってくる感じですね。

 

まぁ、人間、一人で生きるには辛いですね。

生活するのも大変だし、孤独に耐えることも難しいです。

カロリーが足りずに、みるみる痩せていくエドの姿も必見です。

 

この動画はminecraftのリアルバージョンでしょうか。

ゲームはなんでもかんたんにできていいですね。

ゲームだと、ペナルティもないですし、リセットできますし。

 

この動画は英語のリスニングの勉強にもなるので、おすすめです。

ユーチューブで英語動画を見まくれば、勉強にもなりますね。

もちろん、日本語字幕もあるので、だいじょうぶです。

 

無人島関係のことが好きな方は、ぜひ見てみてくださいー。

ディスカバリーチャンネルだけあって、学問寄りの動画でした。

もちろん、エンターテイメント、娯楽寄りの動画もいいと思います。

 

動画を見た感想としては、日常にあるものに感謝ですね。

確かに、キャンプ生活とかすると、日常生活にホッとするんですよね。

コンロの火だけでなんと便利なんだろうと思います。

 

いや、今の日本のキャンプは道具や装備や食料がありまくりなので、

エドの過酷な状況とは程遠いのですが。(笑)

コメント