将棋ウォーズのソフト指しで追放された件でモチベーションが下がってきた

将棋

いやー、藤井四冠、強いですねぇ。4連勝で竜王位を獲得しました。あっという間に、将棋のタイトルを奪取している様はびびりまくりです。今年の2021年の夏が始まる前は、豊島元竜王名人との夏の地獄合宿の対戦でどうなることかとハラハラドキドキしていましたが、ふたを開けてみると、藤井四冠の圧勝でした。

 

とまぁ、プロの将棋はかつてないほど盛り上がっているのですが、アマの将棋はごたごたですね。将棋ウォーズの不正疑惑が他の人にも飛び火して、なんだかなー、みたいなところがあります。私はぴよ将棋に引きこもっている派なんですけど、モチベーションがすこし低下しています。

 

そもそも将棋ウォーズの棋神というシステムがどうなの?みたいなところがあるんですよね。会社の存亡をかける利益に直結するので、仕方ないと思いつつも、うーん、どうなんだろうともやもやするところもあります。試合後ならぜんぜんありだと思うんですけどね。

 

不正をしていないと証明するのはなかなか難しいので、もうね、将棋ウォーズは趣味のもの、遊びのものと割り切るのがいいかなと思います。本当の実力を証明するなら、アマチュアの大会、さらにいうなら、竜王戦に出て、竜王位を獲得するのがいいと思います。アマチュアでも竜王を獲得できるわけですから。

 

竜王戦 - Wikipedia

 

というわけで、ユーチューブや将棋ウォーズで俺TUEEEE!するのは、雑魚と認識するのがいいと思います。プロ棋士でさえ、将棋ウォーズで全勝するわけでもないし、藤井聡太4冠でも全勝するわけでもないからです。まぁ、勝率8割越えは異常に強いわけですが。

 

強い人というのは、礼儀正しくて、他者に思いやりがあって、負けを受け入れながらも明日の糧にする人なんじゃないかなと思います。そういうのは、将棋以外でも役に立ちますよね。私もそういう人になれるようにがんばりたいと思います。が、モチベーションが低下してきました。

 

一応、ぴよ将棋でまったやヒントを駆使して、アマチュア3段のレートまでたどり着いたのですが、まだまだぜんぜんAIにコテンパンにやられて、俺YOEEEE!なんですよね。ちょっとまぁ、弱い自分と向き合って、鍛錬しようかなと思う次第です。

 

他人に認めてもらおうとするのはダメですね。自分で自分を誇れるようにならないとダメですね。ただ、自分で自分を誇るというのは、難しいことだと思います。それができないからこそ、他人に認めてもらおうとするんじゃないでしょうか。そして、それは失敗の始まりです。

コメント