ブログ

マンガBANG!で見つけた面白いコミックのおすすめを紹介してみる

マンガBANG!って知っていますか? マンガBANG!とは、スマホで読むことができるマンガのアプリです。私はアンドロイドのスマホにインストールしてみました。無料でも結構読めるので、お勧めですね。まずは無料で試してみるの...
2020.07.14

菊池真理子の毒親サバイバルを読んでみての感想

菊池真理子っていう人の名前に引かれて、この本を手にとってみました。菊池真理子さんの第一作目の「酔うと化け物になる父がつらい」という本を読んで、衝撃的だったからです。中毒というのは怖いものですが、アルコール中毒は怖いなと改めて...

プロ棋士の先崎学が書いたうつ病九段を読んでみての感想

うつ病九段っていう本を読んでみて、うつ病っていうものがどういうものかちょっとわかりました。鬱病とは、脳の病気とこの本の中で書かれていましたが、そうなのかもしれません。脳も体の一部であるので、病気になる可能性はあります。 世の有...

借金2000万円を抱えた人の本が自己啓発として面白いのでおすすめ

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ 自己啓発って、あやしいです、いかがわしいです、本当じゃない気がします。でも、そこがいいんですよね。完全に解明できたことって科学であり、それ以上はあんま...
2020.05.28

アンパンマン作者のやなせたかしの本は名言でいっぱいなのでおすすめ

ぼくは戦争は大きらい アンパンマンの作者で有名なやなせたかしの本です。やなせたかしは昭和15年に召集令状、いわゆる赤紙が届いて、中国に出兵したのですが、その時を中心にしたやなせたかしの戦争の思い出の話です。日本陸軍の様子をうかがい...
2019.12.16
ブログ

ダーリンは外国人で有名な小栗左多里の本が面白いので感想まとめ

ダーリンは外国人 コミックエッセイ、読んでて楽しいですね。 なんとなく、そろそろみなさんからマンガばかり読んでるな! と思われていることでしょう、事実かもしれません、事実です。 マンガって、いろいろな情報...
2019.11.25

リアルの1巻から14巻まで読んだ感想としてスラムダンク2かなと思った

井上雄彦のリアルの1巻から14巻までまとめて貸してもらっていたのですが、最近、ようやく時間と余裕ができて、リアルを一気に全部読みました。感想としては、読んでて、じわじわ辛いのですが、おもしろかったです、続きが早く読みたいです...
ゆめ

本田健が書いた「大富豪からの手紙」を読んでみての感想

自己啓発と呼ばれる本はたくさんありますが、本田健さんの書く本は小説っぽい感じでありながら、どことなくリアルさを感じるところがあります。多分、リアルな経験や知識をいろいろと詰め込んでいるのでしょうね。だから、妙に説得力があるというか、...
2019.11.02

漫画版の道は開けるは読みやすくて、わかりやすいのでおすすめ。

カーネギーの道は開けるは不朽の名作ですね。読むたびに自分の足りないところがパッと現れてきて、勉強になる本です。ただ、この本は欠点があって、文字が多すぎて、なかなか読むのにハードルが高いところです。読むのに結構な根性が必要です...

京大変人講座(三笠書房)を読んでみての感想

京大変人講座の感想 本って格安、あるいは、激安だと思うんですよね。京大の講座も本を読めば、京大がどんなことをやってるかわかりますよね。だから、本を読めば読むほどお得だと思うのです。学校に行くということは、1つに本を読みに行くと...
スポンサーリンク