婚活

新版 恋愛工学の教科書(ゴッホ)を読んでみての感想

この恋愛工学の教科書という本は男性向けの本です。特に、理系の頭で考える論理系の男性向けですね。人類史とかの歴史好きの人にも向いているかもしれません。恋愛って、どうすればいいのかを膨大な経験を元に体系化したものですね。恋愛に成功するための行動...
婚活

君はモテないんじゃない、フラれてないだけだ(くじら)を読んでみての感想

恋愛マスターと自称しているくじらさんという人の本を読んでみました。まず、くじらって、誰やねん、という突込みが入るのですが、太田プロ所属のお笑い芸人のようです。性別はおそらく、男ですね。くじらさんのオフィシャルブログも人気なようです。 ...
2022.09.30
マインクラフト

もっと まいぜんシスターズとマイクラを遊ぼう! いたずら編を読んだ感想

マインクラフトというゲームをあなたは知っているでしょうか?スウェーデンで開発されたゲームで、テトリスよりも売れたゲームで有名なゲームです。その後、アメリカのマイクロソフトに会社を買収されて、バージョンアップを行い続けているゲ...
2022.09.28
婚活

オタク婚活はじめます(横井睦智)を読んでみての感想

オタクって、基本的にインドアですよね。時々、コミケとかのイベントがあれば、急にアウトドアになりますが、あれも室内?なので、やはりインドアでしょうか。私もゲームオタクであり(ゲームマニア、ゲームギークに近い気がしますが。)、ガノタなので、その...
2022.09.13
ビジネス

森永卓郎の「マイクロ農業」のすすめを読んでみての感想

森永卓郎氏が提言するマイクロ農業とは何なのかといえば、家庭菜園でしょうか。それより一歩進んで、兼業農家ですね。さらにいえば、都会ではなく、田舎でもなく、都会と田舎の中間地で農業をすることです。自宅の近くのちょっとした農地を人から借りるのもあ...

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた お金の取扱説明書の感想

お金って不思議なもので、ちょっと考えてしまいます。物々交換をやめるために産み出された、みたいな言説はありますが、それだけじゃなくて、お金というものには人間の生活を営む上での歴史というものも織りこめられていると思うんですよね。 ...

羽生善治の脳トレ一手詰めを読んでみての感想

羽生九段というより、私の中では永世7冠なのですが、1手詰めの本があったので、読んでみました。一手詰めということで私には簡単でした。初心者向けなのかなーと思いつつも、そうであるなら、すべての漢字に読み仮名を振ったほうがいいかなと思いました。 ...
ブログ

マンガBANG!で見つけた面白いコミックのおすすめを紹介してみる

マンガBANG!って知っていますか? マンガBANG!とは、スマホで読むことができるマンガのアプリです。私はアンドロイドのスマホにインストールしてみました。無料でも結構読めるので、お勧めですね。まずは無料で試してみるの...
2020.07.14

菊池真理子の毒親サバイバルを読んでみての感想

菊池真理子っていう人の名前に引かれて、この本を手にとってみました。菊池真理子さんの第一作目の「酔うと化け物になる父がつらい」という本を読んで、衝撃的だったからです。中毒というのは怖いものですが、アルコール中毒は怖いなと改めて...

プロ棋士の先崎学が書いたうつ病九段を読んでみての感想

うつ病九段っていう本を読んでみて、うつ病っていうものがどういうものかちょっとわかりました。鬱病とは、脳の病気とこの本の中で書かれていましたが、そうなのかもしれません。脳も体の一部であるので、病気になる可能性はあります。 世の有...
スポンサーリンク