16タイプ性格診断から学ぶ、人を褒めて、相互理解を進めて、幸せになろう

ブログ

16タイプ性格診断テストとは

16タイプ性格診断テスト
https://www.motivation-up.com/whats/16type.html

 

ツイッターを眺めていると、16タイプの性格診断テストというのを発見しました。みなさんも時間があれば、ぜひやってみてください。

 

この16タイプの性格診断テストとは、欧米のキャリアカウンセリングの性格検査を参考にして、独自にオリジナルの脚色を入れて、作られたものらしいです。

 

12の質問を2択で答えるだけなので、1分ぐらいで結果が返ってくるでしょう。

 

人間って、確かにある程度分類できますよね。2択で強烈に分類するというのは面白いアイデアです。白黒つけたがる欧米的発想かもしれません。

 

やってみると面白くて、楽しいと思うので、時間があれば、ぜひあなたもどうぞ試してみてください。

褒めることの重要性を考える

私は、INTJというタイプになりました。

INTJ型「独創的なアイデアマン」の性格-16タイプ性格診断
独自のアイデアや仕組みを考える人です。洞察力があり創意工夫が得意です。複雑で漠然とした物事の中に本質的な意味や可能性を読み取る能力があります。

 

独創的なアイデアマン、分析家タイプだそうです。褒めることは苦手な完璧主義者らしいです。

 

こういう性格診断って、基本的に褒めてますよね。もちろん、苦手なこと、欠点も指摘してくれますが。

 

世界的に活躍している有名人をあげてくれて、あなたに似てるよ、あなたと同じタイプだよ、って言われると、誰だって、悪い気はしませんよね。

 

こっそりと、残りの15のタイプも見てみたんですけど、有名な人に似てるよって言われると、うれしいですよね。

 

というわけで、これって、多分褒めているんだと思います。褒めてから、ちょっとだけ悪いところを指摘すると、そのことに対して受け入れることができやすいでしょうから。

 

私は、そんなに褒めることが苦手でもない気もするのですが、とりあえず、他人のいいところは褒める方向でいきたいですね。

 

というのは、褒めたほうが私にも、相手にもいいことがあるからです。お互いにいいことがあるからです。

相互理解を進めて、相互利益が増大する社会に。

この性格診断により、自分を知り、他人を知ることで、人はそれぞれ違うんだという理解が進み、自分も他人も許せるようになるといいなと思います。

 

この性格診断を作った方はこのように述べられていますが、そのとおりですね、素晴らしいです。

 

自分を知り、他人を知ることで、互いに理解が進みます。というより、自分を知らず、他人を知らないと、無理ですね。相互理解の第一歩が、まずは自分を知ることなのですよ。

 

人間というのは、向いていることがあるので、自分の向いていることを活かしていくのが楽ですね。長所を利用するのが人生を楽に生きるコツです。

 

ただし、周りの人との比較というのもあるので、能力や適性があったとしても、周りとの比較でその場所には向いていないということもありますが。

 

ゲームで例えると、戦士ばかりいてもダメで、魔法使いや僧侶や商人や、いろいろなキャラが必要なのですよ。同じキャラばかりだと、壁を超えられない場合があるのです。

 

それと、自分を許したり、他人を許すっていうのは、なかなかレベルの高いことじゃないかなと思います。

 

自分を許せない、という人はけっこういるんじゃないかなと。他人を許せない、という人はそれよりもたくさんいるでしょう。

 

ある意味、仕方のないこととも言えるのですが、自分や他人を許せるようになると、楽に人生を生きることができます。かんたんにいえば、幸せになれるんですよね。

 

なぜ、自分を許せなかったり、他人を許せないのかといえば、自分をわかっていなかったり、他人をわかっていないからです。つまり、相互理解が進んでいない状態なんですよね。

 

許せない人って、一方的な自分の見方しかできなかったりして、視野が狭かったり、考えが硬かったりするわけなのです。いや、私もそういうパターンに陥ってることがよくあります。

 

まぁ、人間って、完璧じゃないですからね。向いてることがあったり、向いてないことはあります。

 

だからこそ、協力したほうが利益があるので、相互理解を進めて、相互利益が増大する方向に進みたいですね。それが幸せの道を歩くことかもしれません。

コメント