ガンプラが品薄なので、2代目が発売終了となるNSXを買ってみた。

ガンプラ

もうね、ガンプラ品薄すぎですね。プラモ再販とか言ってますが、都市伝説じゃないかというくらい、ガンプラが瞬時に蒸発してるんじゃないかなと。なぜそうなのかといえば、コロナもありますけど、転売するために買い占めてるんじゃないかなと思ったりもします。アマゾンのガンプラの値段を見てると、げんなりします。

 

となるとですね、バンダイに期待するのはやめたほうがいいと思います。というのは、バンダイが中国にガンプラをたくさん流しているという噂も聞いたりしたからです。確かに、外貨を稼ぐのは尊いことだけど、今までの礎になったガノタたちを大事にしないというのは、ちょっと噴飯物というか、義理に欠ける行為のようにも思えます。

nsx

というわけで、NSXを買ってみました。といっても、ラジコンのNSXであり、32分の1スケールのNSXです。個人的には、もう少し大きいスケールのNSXがほしかったのですが、うーん、どこにも売っていなかったので、妥協というか、まずは第一歩として、このラジコンにしました。こういうのは一度逃すと、手に入りにくくなるのですよ。値段は2000円以下です。

nsx

JOZENっていうメーカーのNSXですが、単3電池が4本あれば、ラジコンができちゃうという素敵仕様です。本体に2本、送信機に2本使う構成です。通常のラジコンって、特殊な形の電池が必要なことが多いじゃないですか、あるいは、電池の数がめちゃくちゃたくさん必要とか。それがこのラジコンは単三電池4本だけあればいいというのがすごく良いです。

 

JOZEN
走りが違う!飛びが違う!JOZENのラジコン

 

NSX

運転するときのコーンも3つついてました。S時とか8の字でカーブさせようとすると、なかなか難しかったです。というのは、回転半径がやたらに大きいのと、スピードが出るからでしょうか。ぎりぎりのところをけっこうなスピードで行かせると、かなりハラハラしました。というのは、思いっきりぶつけると、壊れそうなところもあるからです。

NSX

ビシッと思い通りに操縦できたときは気持ちよかったです。レースゲームにはない感覚がありますね。このラジコンはすごくお買い得だと思います。というのは、本物のNSXはこれの1000倍ぐらいの値段がするし、税金かかるし、保険もかかるし、もしかすると、命もかけないといけないからです。

 

NSX、一度だけ、公道で見たことがあります、ただし、初代のNSXですが。なんかもう、存在感が異様でした。フェラーリやランボルギーニとは違う、なんだろう、車好きしか愛せないような雰囲気を感じました。そこらへんの成金ではなく、本当に車が大好きなんだなと。震えます。

 

NSX(ホンダ)の中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】
NSX(ホンダ)の中古車を60台掲載中。NSXの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。NSXの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。

 

正直なところ、公道だと制限速度以内で走らないといけないし、二人乗りだし、荷物もさほど運べないし、おそらく、運転スペースもさほどよくはないだろうと思います。あと、個人的に、私はあまり目立ちたくないという気持ちがあります。しかし、そこにちょっとしたロマンを感じます。お金持ちになったら、リアルサイズの1分の1のNSXもほしいですね。

コメント