水谷さるころの30日間世界一周!を読んでから海外旅行に行こう 全巻の感想

ゆめ

水谷さるころの30日間世界一周!

水谷さるころの35日間世界一周!!がおすすめなので全巻の感想
みなさんは海外旅行、好きですか? 私はちょっとだけ行ったことはありますが、 それほど行ったことはありません。 でも、興味はあるんですよね。 世界一周旅行とか昔からの夢ですよね。 その前に、情報を...

 

私、以前に「水谷さるころの35日間世界一周!!」

という本を読んで、全5冊の本の感想を書いたのですが、

こっちの方は実は世界一周旅行の2周目なんですよね。

 

というわけで、世界一周旅行の1周目の本を手に入れて、

こちらの方の感想も全話書いていこうと思います。

ちなみに、1周目の世界旅行は全3冊の本です。

 

 

いやはや、ずっと前から本を手に入れていたのですが、

なんとなく、良い本は感想がなかなか書けないのですよ。

じっくり自分の中でコトコト煮込むような時間が必要なのです。

 

安易に、テキトーに感想を書くと、

満足できないのと言うか、削除したい気分にもなったりするので。

かといって、この記事がいいかどうかは謎ですが。(笑)

 

東海道中膝栗毛みたいな、ぼんくら3人組が世界一周するのは

見ていて楽しいし、勉強になるのでおすすめですよ。

水谷さるころさんのほんわかした絵もとてもいいですね。

30日間世界一周!1巻を読んでみての感想

第一巻の内容は、出国編、台湾編、インド編、

ドイツ編、フランス編といきなり盛りだくさんの内容となっています。

個人的に、台湾とフランスには行ってみたいですねー。

 

台湾とフランスは、食べ物が美味しそうなんですよね。

でも、フランスは物価が高そうで、料金が高めっぽいですが。

それを考えると、日本って素晴らしいような気がします。

 

インドはさるころさんと同じく、辛いものと熱いものが苦手なので、

そして、食べ物がなにか危険な雰囲気がするので、

私はできるだけ遠慮して、避けたい気分です。(笑)

 

ただ、インド旅行に行った人の感想とかを聞くと、

インドっていう国は、何かしらハマるらしいのですよね。

ぼんくら三人組も全員、なにやら感銘を受けてた模様です。

 

物乞いとか、詐欺とか、ボッタクリとか、宗教とか、

インドはむちゃくちゃカオスな感じがしますね。

ただ、インドの人口が中国の人口を上回る試算があるので、

そのあたりには注目していたりします。

 

とにかく、この本は実地のデータ量がたくさんあるので、

海外旅行とかする時に、非常に役に立ちますね。

もちろん、読むだけで楽しいのでとてもいいです。

 

created by Rinker
¥1,337 (2019/01/17 13:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

30日間世界一周!2巻を読んでみての感想

第二巻の内容は、イギリス編、エジプト編、メキシコ編、アメリカ編です。

 

イギリスのストーンヘンジにも行ってみたいし、

エジプトのピラミッドにも行ってみたいし、

メキシコのチチェン・イツァにも行ってみたいですね。

アメリカのグランドキャニオンはそれほどでも、という感じです。

 

私は自然遺産よりも人間が作った歴史的建造物に心惹かれるようです。

スキューバダイビングとか、スカイダイビングとかにもあまり興味ないですし。

とかいいつつ、やったらやったでハマるのかもしれません。

 

ただ、時間が短いと慌ただしい旅になるので、

のんびりと時間をかけて、ゆっくり回りたいですね。

そうなるとすると、時間とお金と体力がどうしても必要です。

ぼんくら3人組の人たち、ハードな旅だなって思います。

 

あと、メキシコのチチェンイッツアとか見てると、

トロピコっていうシミュレーションゲームを思い出しますね。

遺跡を開発して、観光客にお土産を売りつけたくなります。

 

それにしてもボッタクリとか値段交渉の対策のために、

現地を案内してくれる人がすごくほしいところですね。

徒然草で言う、先達があらまほしけれ、とはこのことです。

 

created by Rinker
¥1,337 (2019/01/17 13:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

30日間世界一周!3巻を読んでみての感想

第三巻の内容は、イースター島編、サンチアゴ編、シドニー編、

エアーズロック編、ケアンズ編、帰国編です。

ぶっちゃけると、チリとオーストラリアの2カ国です。

 

イースター島はモアイで有名ですね。

古参のゲーマーであるならば、コナミのグラディウスで

数々苦しめられたモアイが思い浮かぶことでしょう。

 

イースター島は半端ないですね。

行くのにとてもお金も時間も体力も必要です。

イースター島に行くのは私のゆめでしょうか。

いつか行ってみたいですけど、やっぱり遠いですね。

 

あとは、オーストラリアのエアーズロック。

最近では、現地の呼び名のウルルとよく言われてるそうです。

ちなみに、2019年10月26日からウルルの頭頂は禁止されるそうですよ。

 

歴史や地理や公民などの社会は日々変わっていくので、

過去にできたことが現在ではできなくなったりしますね。

思ったときが吉日で、どんどん行動していくのがいいかもしれません。

 

オーストラリアは全般的に観光が楽しそうです。

やっぱり、食べ物が重要ですね、私の中では。

あとは、名所とか、治安とか、物価とか、そういうのもありますが。

 

created by Rinker
¥1,337 (2019/01/17 13:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

水谷さるころさんのブログや書籍

マイル日記
さるころの育児マンガ

水谷さるころさんのブログも楽しいです。

現在、水谷さるころさんは野田Dと事実婚をして、

マイルくんという息子と暮らしてるみたいです。

 

うーむ、人生はどうなるかよくわからないものですね。

よくわからないから楽しいともいえる気もします。

人生は何回でもやり直せるかもしれません。

 

他にも水谷さるころさんは

書籍をいろいろと出版されてるそうなので、

他にもどんどんチェックしていきたいと思います。

 

みなさんもよければ、ぜひ読んでくださいー。

楽しいですし、勉強にもなると思いますよ。

 

コメント